リノベーションする

新築そっくりさんだからこそ、出来ることがたくさんあります。
その魅力の数々をご紹介します。

リノベーションのよくある失敗例と成功させるためのポイント

家族の顔が見える対面キッチンや、ゆったりくつろげるリビング、カフェのようなバルコニーあれこれかんがえているとリノベーションの夢はどんどん広がっていきますね。でもせっかくリノベーションしたのにあなたの思い通りにならなかったとしたら?大きな工事ほど失敗がつきものですから、しっかりと用心して勧めてください。

よくある失敗例1
大幅に予算をオーバー

予算ギリギリで計画したのに、こんなに追加費用がかかるなんて聞いてないぞ!

リフォーム業者を選んで、当初の予算内で仕様を決め、いよいよ工事がスタート!
しかし、いざ壁をはがしてみると柱が腐っていた。
床をめくってみたらシロアリでボロボロ..。
その修繕のために、費用がかさんでしまう、というのは意外とよくある話です。
一般的なリノベーションでは、予定されていなかった手間が発生すると
当初の見積もりに追加費用が計上され、
結果として予算を超えて負担が大きくなってしまうことがあるのです。

住友不動産なら

完全定額制だから、追加費用は発生しません。

「建物診断」「お客様のご要望」「予算」の3つの項目をベースに改修プランをご提案し、着工に費用を確定させるため、施工中に不測の事態が起こっても追加費用は一切発生しません。ご納得いただいた金額で、安心して工事を進めていただけます。
※お客様のご要望による工事内容変更がない場合に限ります。

施工中に不足の事態が・・・

よくある失敗例2
希望が伝わらずイライラ

担当者に話したことが、どうして現場まで伝わってないの!?

実現したい住まいのイメージを、担当者としっかり打ち合わせしたのに、
工事現場に行ってみると思っていたのと違う仕様で工事が進んでいる。
大工さんにその旨を訴えても、
「今日中にこの作業を終わらせないとマズイんですよ」と言われ
引き下がってしまった。なぜ予定通りに進んでいないのか、教えてほしい!
このような食い違いも、リノベーションの現場では結構起こっています。
複数の人が関わる工事ですから、伝達がうまくいかないことがあるんですね。

住友不動産なら!

一貫担当制でお客様と一体となって家つくり。

事前調査から施工時までの管理まで、一人のセールスエンジニア(ES)が責任を持って担当。この担当者が専属の棟梁とお客様と三位一体となって住まいづくりを進めます。そのため打ち合わせ時と完成時のイメージが違う、といった問題を防ぐことができます。
※お客様のご要望による工事内容変更がない場合に限ります。

よくある失敗例3
意外と自由が効かない

用意された既製品から選ぶだけだから仕上がりがちぐはぐに・・・。

自分の思い通りのリノベーションができると思って楽しみにしていたのに、
リフォーム業者と打ち合わせをしてみると
意外に選べるプランが少なくてガッカリ..ということも。
たとえばキッチンや壁紙も、サンプルブックを渡されて、
この中から好きなものを選んでくださいと言われただけ。
本当は雑誌で見るようなオシャレなキッチンやインテリアにしたかったが、
全く理想とは違ってしまった、というケースもあります。

住友不動産なら!

あなたの一番を叶えるオーダーメイドシステム。

住友不動産は、あなたのご要望からはじまる完全オーダーメイドのリノベーション。目的や住宅の状態などから、リノベーションメニューを選択いただけます。1,000を超える豊富なプランを組み合わせられるので、あなたに最も適した住まいが実現できます。

よくある失敗例4
住みにくいダメな間取り

確かに頼んだ通りだけど、間取りが不便・・・。最初に教えて欲しかった。

施主様が「こうしたい」とおっしゃった要望に対し、リノベーション業者がそれを十分に咀嚼せず、住みにくい家を設計してしまうことがあります。
「玄関にシューズクローゼットをつけて欲しいとは言ったけど、そのせいで階段を降りたところがすぐドアとおかしな間取りになってしまった..」などという失敗事例はかなり多いようです。
設計では問題なさそうに見えていたことが、実際に住んでみると明らかになるので、事前に注意したいですね。

住友不動産なら!

10万棟のノウハウで、責任を持って支えます。

住友不動産は住宅再生のプロとして積み上げてきた豊富な経験とノウハウを活かし、それぞれのお宅に合わせた最適な改善案やサービスを提供いたします。施主様から頂いたご要望に対しても、どのように実現しすべきかをプロの視点でご提案します。

リノベーションのよくある失敗例と成功させるためのポイント

よくある失敗例1
大幅に予算をオーバー

予算ギリギリで計画したのに、そんなに追加費用がかかるなんて聞いてないぞ!

リフォーム業者を選んで、当初の予算内で仕様を決め、いよいよ工事がスタート!
しかし、いざ壁をはがしてみると柱が腐っていた。
床をめくってみたらシロアリでボロボロ..。
その修繕のために、費用がかさんでしまう、というのは意外とよくある話です。
一般的なリノベーションでは、予定されていなかった手間が発生すると当初の見積もりに追加費用が計上され、結果として予算を超えて負担が大きくなってしまうことがあるのです。

住友不動産なら!

完全定額制だから、
追加費用は発生しません。

「建物診断」「お客様のご要望」「予算」の3つの項目をベースに改修プランをご提案し、着工に費用を確定させるため、施工中に不測の事態が起こっても追加費用は一切発生しません。ご納得いただいた金額で、安心して工事を進めていただけます。
※お客様のご要望による工事内容変更がない場合に限ります。

よくある失敗例2 大幅に予算をオーバー

よくある失敗例2
希望が伝わらずイライラ

担当者に話したことが、どうして現場まで伝わってないの!?

実現したい住まいのイメージを、担当者としっかり打ち合わせしたのに、工事現場に行ってみると思っていたのと違うしようで工事が進んでいる。
大工さんにその旨を訴えても、「今日中にこの作業を終わらせないとマズイんですよ」と言われ引き下がってしまった。
なぜ予定通りに進んでいないのか、教えてほしい!このような食い違いも、リノベーションの現場では結構起こっています。
複数の人が関わる工事ですから、伝達がうまくいかないことがあるんですね。

住友不動産なら!

一貫担当制でお客様と一体となって家つくり。

事前調査から施工時までの管理まで、一人のセールスエンジニア(ES)が責任を持って担当。この担当者が専属の棟梁とお客様と三位一体となって住まいづくりを進めます。そのため打ち合わせ時と完成時のイメージが違う、といった問題を防ぐことができます。
※お客様のご要望による工事内容変更がない場合に限ります。

よくある失敗例2 希望が伝わらずイライラ

よくある失敗例3
意外と自由が効かない

用意された既製品から選ぶだけだから仕上がりがちぐはぐに・・・。

自分の思い通りのリノベーションができると思って楽しみにしていたのに、リフォーム業者と打ち合わせをしてみると意外に選べるプランが少なくてガッカリ..ということも。
たとえばキッチンや壁紙も、サンプルブックを渡されて、この中から好きなものを選んでくださいと言われただけ。
本当は雑誌で見るようなオシャレなキッチンやインテリアにしたかったが、全く理想とは違ってしまった、というケースもあります。

住友不動産なら!

あなたの一番を叶えるオーダーメイドシステム。

住友不動産は、あなたのご要望からはじまる完全オーダーメイドのリノベーション。目的や住宅の状態などから、リノベーションメニューを選択いただけます。1,000を超える豊富なプランを組み合わせられるので、あなたに最も適した住まいが実現できます。

よくある失敗例3 意外と自由が効かない

よくある失敗例4
意外と自由が効かない

確かに頼んだ通りだけど、間取りが不便・・・。最初に教えて欲しかった。

施主様が「こうしたい」とおっしゃった要望に対し、リノベーション業者がそれを十分に咀嚼せず、住みにくい家を設計してしまうことがあります。
「玄関にシューズクローゼットをつけて欲しいとは言ったけど、そのせいで階段を降りたところがすぐドアとおかしな間取りになってしまった..」などという失敗事例はかなり多いようです。
設計では問題なさそうに見えていたことが、実際に住んでみると明らかになるので、事前に注意したいですね。

住友不動産なら!

10万棟のノウハウで、責任を持って支えます。

住友不動産は住宅再生のプロとして積み上げてきた豊富な経験とノウハウを活かし、それぞれのお宅に合わせた最適な改善案やサービスを提供いたします。施主様から頂いたご要望に対しても、どのように実現しすべきかをプロの視点でご提案します。

まずはお気軽にお問い合わせください

無料カタログブレゼント資料請求

お問合せ番号

お問合せ番号

あなたに失敗させない
リノベーション実例

CASE.1

2階を大きく減築して
落雷の悩みを解消

CASE.2

増築で大空間LDKを実現
共有空間の多い二世帯

CASE.3

事務所仕様のビルを一新!
洗練されたデザイン住宅に

CASE.4

とびきりゴージャスなLDK!
書斎やWIクローゼットも

CASE.1

2階を大きく減築して
落雷の悩みを解消

冬の寒さと道路側に落ちる雪にお悩みだったS様。
二世帯から単世帯になったため、2階半分を減築し、雪が落ちない無落雪屋根に。リビングには吹き抜けとオープンな階段が広がり、キッチンは対面式となり、開放的なLDKも実現しました。壁に調湿性のある珪藻土タイルを配置した玄関や琉球畳のモダンな和室も好評です。主人は造作の柵やスピーカーの配置などこだわり満載のオーディオルームにお喜び。愛犬専用コーナーもあり、ご家族それぞれが満足の空間が誕生しました。

築年数 築36年
工事面積 43坪
家族構成 夫婦+息子+愛犬
CASE.2

増築で大空間LDKを実現
共有空間の多い二世帯

間取りが細かく仕切られて使いにくく、応接間がお母様の部屋になっていて来客時の導線が悪いことが悩みだったM様邸。「新築そっくりさん」の現場見学会に参加し、デザインセンスの高い提案力に感心して依頼されました。最大のポイントは和室とDKをひとつにして3坪ほど増築することで大空間のLDKを実現した点。畳の収納ユニットをダイニングチェア代わりにベンチのように設置してます。お母様の部屋は西側の洋室に移動し、和室はLDKの一部としても使える客間に一新しました。

築年数 築28年
工事面積 41坪
家族構成 母親+夫婦
CASE.3

事務所仕様のビルを一新!
洗練されたデザイン住宅に

SOHOの事務所兼お宅まいのK様邸。1階はテナントが退出後、しばらく空室が続くうちに老朽化が進んでいました。事務所使用のRC造のため、デザイン性に不満を感じていたことからリフォームを決意。とりわけが歪んはおしゃれなレンガ貼りとなり、新築の様に生まれ変わりました。2階の玄関へ続く階段を前面道路から遮蔽する木格子も提案し、玄関ドアや門扉、植栽まで一新。最新の水回り設備も導入し、内装も全て新たに一新することで、洗練されたデザイン住宅に再生しました。

築年数 築26年
家族構成 夫婦
CASE.4

とびきりゴージャスなLDK!
書斎やWIクローゼットも

お嬢様の結婚を機に、お二人の生活空間をより質の高いものにしたかったというO様ご夫婦。見せる空間と、隠す空間の明確な分離をコンセプトにグレード感のあるLDKとプライベートな書斎、そして大型のウォークインクローゼットをプランニングされました。クールな印象のタイル床は床暖房対応にするなど、暮らしやすさにもこだわりがあります。「夫婦二人のライフスタイルにあった理想的な居住空間が実現でき、とても満足しています」との言葉をいただきました。

築年数 築17年
工事面積 22.56坪
家族構成 夫婦

まずはお気軽にお問い合わせください

無料カタログブレゼント資料請求

お問合せ番号

お問合せ番号