東日本大震災で全壊の家を住みやすく再生

3月11日の地震で全壊判定を受けたものの、療養中の父や先代の想いを残したいとの想いでリフォームを決意、スタート。瓦の重さが原因で柱が折れて傾いた家を、屋根材の葺き替えにより、軽量化を計り、建物の傾きを補正、柱の入替え、耐震補強を行い、新築同等の強い建物に再生しました。さらに、断熱性能を次世代基準に相当するよう、外壁面・床・天井に断熱材を充填し、断熱サッシへの交換により実現しました。

ビフォー・アフター

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

  • before

  • after

リフォーム後 その他のお写真

  • after

  • after

  • after

事例 概要

所在地 宮城県
築年数 築85年
事務所 宮城事業所
面積 68坪
工事費用 2,000万円以上

リフォーム事例一覧へ戻る

テーマ・条件から探す
エリアから探す
北海道東北関東甲信越東海近畿中国四国九州
坪数から探す
20坪以下20~30坪30~40坪40坪以上
築年数から探す
20年以下20~30年30~40年40~50年50年以上