ページトップに戻る

東日本大震災で全壊の家を住みやすく再生

3月11日の地震で全壊判定を受けたものの、療養中の父や先代の想いを残したいとの想いでリフォームを決意、スタート。瓦の重さが原因で柱が折れて傾いた家を、屋根材の葺き替えにより、軽量化を計り、建物の傾きを補正、柱の入替え、耐震補強を行い、新築同等の強い建物に再生しました。さらに、断熱性能を次世代基準に相当するよう、外壁面・床・天井に断熱材を充填し、断熱サッシへの交換により実現しました。

before

after

所在地 宮城県
築年数 築85年
事務所 宮城事業所
面積 68坪
工事費用 2,000万円以上
その他の施工実例を見る

まずはお気軽にお問い合わせください

無料カタログブレゼント資料請求

お問合せ番号

お問合せ番号

このページの先頭へ

新築そっくりさん公式Facebook
新築そっくりさん公式チャンネル

まずはお気軽にお問い合わせください

無料カタログブレゼント資料請求

お問合せ番号

お問合せ番号