建て替えVSリフォーム、
どっちがお得?

経年劣化や家族構成の変化によって、マイホームの改修が必要になったーー。そんなとき、最初に頭を悩ませるのが、「リフォームor建て替え」の選択だと思います。今回は、双方の特徴を比較しながら、どちらが、ご自身にとって“お得な選択”なのかを考えてみましょう。

リフォームと建て替えの
違いとは?

リフォームの定義

既存の基礎部分は残して、部分的に改築、修繕、増築などを行い、新築同様の状態に戻すことを指します。水廻りや、屋根・外壁のみといった部分リフォームや、目に見えるものをすべて新しくするフルリフォームなど、その改修範囲はさまざまです。

  • リフォームの定義

建て替えの定義

既存の住宅を、基礎部分から取り壊して、新たにゼロから住宅を建築することを指します。実はすべての住宅が建て替え可能ではなく、「建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ、原則として建て替えができない」など、さまざまな制約がありますので、ご自身の住宅が「再建築不可物件」か否かのチェックを最初に行うようにしましょう。

リフォームと建て替えを
特徴で比較!

見た目においては、どちらも“新しさ”を感じることができるリフォームと建替ですが、それぞれ、費用や工期などに大きな違いがあります。

リフォーム 建て替え
工事の前提 既存の住宅の活かせる部分を活かしながら、改修していく 既存の住宅をすべて解体してゼロから自由に設計していく
費用相場 約300~2,000万円(内容によって異なる) 約1,000~4,000万円(内容によって異なる)
改修費用以外の諸経費 基本はなし 解体費、破棄費、建て替え期間の仮住まい費用+引越し費用
検討目安の築年数 部分リフォーム(特に水廻りや屋根・外壁)は築10〜20年、大規模リフォームは築20~30年が目安 築30年以上が目安
間取り 一部制約あり 自由に設計可能
工期 約1ヵ月(標準リフォームの場合) 約4~6ヵ月

【POINT】コストや工期をカットしたいならリフォームが最適!

リフォームと建て替えを
メリットデメリットで比較!

リフォームor建て替えを選択するには、双方のメリット・デメリットを把握した上で、ご自身の建物の状態や、今後の暮らし方、コストの問題など、総合的に判断する必要があります。その目安となる双方のメリット・デメリットをいくつかご紹介します。

リフォーム 建て替え
メリット ●コスト面がお得
●工期が短い
●必要な部分のみの改修(数年おきの改修)が可能
●各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)の軽減が可能
●間取りや設備などの不満をほぼ解決できる
●リフォームよりも比較的簡単に、多額のローンを組める
デメリット ●理想を実現する場合、追加費用が必要となる場合も
●劣化が激しい場合、補修費用がそれなりにかかる
●建て替えに比べ自由度が少ない
●コストが割高になりやすい
●工期が長い
●各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)がかかる
●法律によって、建て替え不可能な場合がある

【POINT】コスパならリフォーム、自由度&長期的視点なら建て替え

戸建てまるごと
リフォームの事例

最後に、住友不動産が手がけたリフォームから、いくつか事例をご紹介します。ひとくちにリフォームと言っても、お客様によって条件やビジョンはさまざま。住友不動産では、お客様のニーズに合わせた“新たな住まいづくり”にご協力しています。以下を参考に、リフォームの具体的なイメージを作り上げてみてください!

  • 戸建てまるごとリフォームの事例
  • 戸建てまるごとリフォームの事例
  • 戸建てまるごとリフォームの事例

国土交通大臣賞を受賞したご住居です。高齢のお母様との同居を機に、築35年の2階建て住宅を平屋へと減築リフォーム。耐震、耐久、温熱、防音、遮音、防犯の性能向上、さらには間取り変更によってライフスタイルの変化のスムーズな移行を実現しています。