自分が住む時に嫌なところは、水廻り中心にすべて直してもらいました。

リフォームをしようとしたきっかけ

M様
昭和62年の転勤を機に、ずっと貸家にしていた一軒家がありました。4、5世帯くらい続けて借りていただきましたが、築30年近く経っていましたので傷みも気になってきました。床がどうだこうだとかありましたから。さてどうしようかと思いまして、これからお金をかけて直すのか、それとも売ってしまってもいいか、更地にしてもいいかとかと、いろいろと検討しました。検討した結果、もう一度貸家にしたいので、見積りを出してもらおうと探していましたら、ちょうど住友不動産の展示会が近くでありましたので、行ってみたんです。そこでセールスエンジニア(担当)[以下:担当]のお話しを伺って見積りを出していただきました。その見積りの金額に納得しまして、契約したという流れでしたね。

セールスエンジニア(担当)への要望

M様
自分が住むとしたら気になる箇所は全部取り替えました。主に水廻りですね。あとは根太とか、そのような自分が住んだ時に嫌なところは直してもらいたい、気持ちよく住んでいただきたいうことで、それは最低限クリアしてくださいとお願いしました。あとは耐震工事もしていただき、今後の地震に備えるということで安全面も整えました。

工事完了後の満足度

M様
水廻り中心にとても良いですね。実際に住むとしたら、やはり水廻りが一番大事ですからね。トイレとか、そういう所がキレイで使いやすいと、家としても良いと思うんですよね。昔、自分が住んでいた家よりもグレードは当然上がってるんですよね。当時より2段ぐらい上がってるように感じます。もう100点だと思います。そのくらい良かったですね。おかげさまで3年近く借り手がついていますから、資金の回収のメドも立っています。やはり賃貸経営ですから資金の回収は考えなければいけません。私の計算では7年から8年借りていただければ、大体の原価が回収できる予定です。10年ぐらい借りていただくと、少し儲けが出ると思います。ですから、あと5年近く借り手がいれば採算が取れるので良かったと思っています。

リフォームの価値

M様
リフォームというと、私のイメージでは、例えばキッチンを部分的に替えるとか、そうものだと思っていました。実は、家をまるごとリフォームするというイメージはなかったんです。ただ、こっちを直すとまた次はこっちが悪い、というように次々と見えるんですよね。ですから、もう全部一気にリフォームしたほうが安いんじゃないかと、直感でそう思いましたね。住友不動産で施工していただいたので、今後何かがあっても相談に乗っていただけるのではないかという、心の余裕もありますよね。リフォームして本当に良かったです。

まずはお気軽にお問い合わせください

無料カタログブレゼント資料請求

お問合せ番号

お問合せ番号