築209年の伝統家屋を匠の技でまるごと再生

本棟造りの立派なお住まいでしたが、築209年が経ち耐震性に不安を
感じていました。生まれ育った家だけに「壊したくない」という思いから、
伝統家屋の再生実績が豊富な「新築そっくりさん」に相談。綿密な調
査をした結果、補強を施せば安心して暮らせる住まいに再生できること
がわかり依頼を決めました。

ビフォー・アフター

  • 敷土台には栗の木が使われており白アリの被害はないものの、建物が傾いていました。

  • 現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

  • 昔ながらの和室の続き間で、窓のない部屋は暗い雰囲気でした。

  • 美しい梁を活かしながら昔の面影を残しつつ、家族がゆっくり寛げるモダンなリビングスペースへと再生しています。

リフォーム後 その他のお写真

  • 土間だったスペースは、まるでギャラリーのような立派な玄関ホールに。ダークブラウンとホワイトのコントラストで和モダンな雰囲気を演出。

  • 梁や柱、天井などに積もった塵や汚れを落として、塗装を施し再生。「築200年以上の住まいが快適に暮らせるようになり驚いています」とYさん。

  • コミュニケーションを重視した対面式キッチンで、家事とご家族との会話が楽しめるようになりました。

  • 3世代がホームパーティーを楽しめる、広々ダイニングキッチン。食品庫など収納も充実。

  • 窓のない暗い和室は、吹抜けとトップライトで明るく開放的な空間へと再生。

  • 昔の面影を残しながらも、白と黒のコントラストが美しい外観デザインに。

事例 概要

所在地 長野県
事務所 長野事業所

リフォーム事例一覧へ戻る

テーマ・条件から探す
エリアから探す
北海道東北関東甲信越東海近畿中国四国九州
坪数から探す
20坪以下20~30坪30~40坪40坪以上
築年数から探す
20年以下20~30年30~40年40~50年50年以上