戸建てもマンションも、まるごとリフォームから部分リフォームまで

受付時間 9:00〜18:00
(土・日・祝も受付しております。)

0120-093-370

知っておきたい! リフォームの相場

~リフォーム費用(価格)の読み方 編~

リフォーム費用(価格)の読み方

リフォーム計画を立てたら、最初に知っておきたいのが「リフォーム費用」についてのアレコレ。費用の提示の仕方は、事業者によってさまざまで、その内容も大きく異なることもあります。単純に費用だけを比べるだけではいけないリフォーム費用を読む際のポイントとは?

何が工事内容に含まれているか事前に確認

リフォームは、建物の劣化状況や、近隣の環境、居住者のオーダーなどによって施行条件やリフォームの内容が異なるもの。「定価制」を謳っていても、条件や希望によっては、額面以上の費用がかかってしまうこともあります。
また、費用の提示の仕方は業者によって異なります。まずは、提示されている費用では、「何ができて何ができないのか」「どんな材料や設備をつかうものなのか」など、その詳細を事前に確認するようにしましょう。

[無料]まるごと・部分リフォーム資料請求・お問い合わせ

追加工事によってかかる費用の罠

リフォーム費用は通常、着工前にお客様とのお打ち合わせや現地調査(=ご自宅チェック)を行った上で算出されます。しかし、いざ着工してみたときに、リフォーム予定外の箇所が著しく劣化していることが判明し、「ついでに…」と追加工事を依頼すると、追加料金やオプション料金を請求されることもあります。これは、追加工事が、当初のリフォーム内容の適用外であることが原因です。
トラブルを回避するためにも、最初の段階で、追加工事に関する、取り決めをつくっておくのもよいかもしれません。

[無料]まるごと・部分リフォーム資料請求・お問い合わせ

追加費用なし!定価制リフォームの仕組み

住友不動産のリフォームは、建て替えよりも割安に、建て替え以上の満足を得ることができる「完全定価制リフォーム」です。
着工前に「建物診断」「お客さまのご要望」「ご予算」の3つの項目をベースに改修プランをご提案し、費用は着工前に確定。一般的なリフォームでありがちな、「壁をはがしたら柱が腐っていた」「床をめくったらシロアリがいた」といった着工後の不測の事態によって追加費用が発生するということもないのでとっても安心です。
※お客様のご要望による工事内容変更がない場合に限ります。

[無料]まるごと・部分リフォーム資料請求・お問い合わせ